シルバーバーチの霊訓抜粋集

名古屋シルバーバーチ読書会

シルバーバーチ霊訓抜粋集

シルバーバーチの霊訓の心に残る言葉をのせてみました


どうかあなたも、地上世界を毒している諸悪の駆逐のために、わたしたちの味方になってください。わたしたちの新たな道具として、一命を捧げていただけませんか。あなたの行為によってたった一つの魂でも救うことができれば、それだけであなたの人生は無駄でなかったことになります。わたしたちの仕事はそのようにして推進されていくのです」

『シルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音』2章 
悟りは苦しみの中から生まれるのです ↗

真の平和は物的な問題に霊的摂理を適用するようにならないかぎり訪れないということが、なぜ地上の人には解らないのでしょうか。戦争、そしてその結果としての流血と悲劇と涙、さらには混乱と騒乱と災禍と破綻の原因は、元はといえば利己主義にあるのです。

その利己主義を互助の精神と置き替えてはじめて平和が到来すること、物量主義と権力を第一に考える古い概念と国威発揚の野望を捨て、それに代わってお互いが助け合って生きようとする精神――強い者が弱い者を助け、余るほど持っている人が足らない人に分けてあげるという関係にならなくてはいけません。

『シルバーバーチの霊訓―スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』
8章 絶望してはなりません ↗


できるだけ高い界層のバイブレーションに感応するようになっていただきたい。自分が決して宇宙で一人ぽっちでないこと、いつも身のまわりに自分を愛する霊がいて、ある時は守護し、ある時は導き、ある時は補佐し、ある時は霊感を吹き込んでくれていることを自覚していただきたい。そして、霊性を開発するにつれて宇宙最大の霊すなわち神に近づき、その心と一体となっていくことを知っていただきたい―そう願っているのです。

『シルバーバーチの霊訓―霊的新時代の到来』
2章 蒔いたタネが実りをもたらすのです ↗


TOP↑