シルバーバーチの霊訓抜粋集

名古屋シルバーバーチ読書会

シルバーバーチ霊訓抜粋集

シルバーバーチの霊訓の心に残る言葉をのせてみました


人生体験も大きな生命機構の中の一環なのです。およそ有り難いとは思えない体験―悲しみ、辛い思い、嘆き、失望、苦しみ、痛み―こうしたものは魂にとっては貴重なのです。
しかし、それを体験している最中(さなか)にはそうは思えません。こちらに来て地上生活を振り返り、部分的にではなく全体として眺めた時にはじめて、人生の価値が鮮明に理解できるのです。逆境の中にあってこそ性格が鍛えられるのです。悲哀を体験してこそ魂が強化されるのです。

シルバーバーチの霊訓―スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ
4章 真理はすべて素晴らしいのです ↗

しかし、それだけで終わってはいけません。死後にも生活があるということは何を意味するのか。どのように生き続けるのか。その死後の生活は、地上生活によってどういう影響を受けるのか。二つの世界の間にはいかなる因果関係があるのか。死の関門を通過したあと、いかなる体験をしているのか。地上時代に心に思ったことや言動は、死後、役に立っているのか障害となっているのか。以上のようなことを知らなくてはいけません。

『シルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音』7章 
偉大さの尺度は奉仕的精神の度合いにあります ↗

本当の価値の尺度は霊的成長度です。それは、その人の生活、日常の行為・言動によって、みずから成就していくもので、それがすべてであり、それしかないのです。お金で徳は買えません。お金で霊的成長は買えません。お金で霊格は高められません。そうしたものは各自が各自の努力で獲得しなければなりません。粗末な家で生まれたか、御殿のような家で生まれたかは、霊的成長には何の関係もありません。

『シルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音』9章 
霊の優位性の自覚にもとづく修養的生活 ↗

人間は生まれる前も、今も、そしてこれからもずっと霊です。現在はその肉体という機関を通して顕現している部分だけを意識していらっしゃるのです。いわゆる“死”のあとの進化にともなって、それまで顕現していなかった部分が次第に発揮されていきますが、“霊”としては、どこかへ行ってしまうわけではありません。どこから来たのでもありません。無窮の過去から存在し、今も存在し、これからも無窮に存在し続けます」

『シルバーバーチの霊訓―地上人類への最高の福音』5章
人間は生まれる前も、今も、そしてこれからもずっと霊です ↗

わたしは皆さんにぜひとも、内部に潜在する可能性を改めて認識していただきたいと思います。あなた方お一人お一人が大霊なのです。大霊の無限の力が皆さんの内部に潜在しているという意味です。それを呼び覚まし表に出せば、人間であるがゆえの束縛(しがらみ)を打ち破ることができるのです。

『シルバーバーチの霊訓―スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』
5章 あなたが大霊なのです ↗

たった一個の魂を目覚めさせてあげることができれば、悲嘆に暮れる者をたった一人でも慰めてあげることができれば、怖(お)じ気づいた人の心を奮(ふる)い立たせ、人生に疲れた人に生きる勇気を与えることができれば、それだけでも努力の甲斐があったことになるのではないでしょうか。

『シルバーバーチの霊訓―霊的新時代の到来』
2章 蒔いたタネが実りをもたらすのです ↗


TOP↑