学習のポイントと感想

名古屋シルバーバーチ読書会

学習のポイントと感想学習内容

スピリチュアリズムの思想体系Ⅰ「人生観」〈2〉
「シルバーバーチの人生観」

今回は、スピリチュアリズムの思想[1]の「人生観」の2回目でした。先回のスピリチュアリズム初期の人生観を受け、その後に登場したシルバーバーチの人生観を見ていきました。普段から読んでいるシルバーバーチの霊訓ですが、改めてその人生観を取り出してみると、これまでぼんやりとしていたものがクリアーになり、自分たちの生き方を振り返る良い機会になったことと思います。自分たちが霊的真理を手にしたスピリチュアリストとして、どのような意識をもって人生を歩んでいくべきなのか、ということを再確認することができる読書会となりました。

●地上人生の目的は、霊的成長

スピリチュアリズムの登場によって、人間は死によって終わるのではない、死後も人生は続いていくということが明らかにされました。そしてシルバーバーチは、霊界人の視点から地上人生と霊界人生の位置づけをはっきりさせました。それは「霊界人生がメインの人生」で「地上人生は一時的な仮の人生」ということです。100年足らずの地上人生ですが、私たちはこの地上人生をどのように過ごしていけばいいのでしょうか。

人間は大霊(神)の分霊として誕生した霊的存在者です。すべての人間は永遠に霊的成長していくという宿命にあります。霊界人生でも地上人生でも、私たち人間にとって一番重要なことは「霊的成長」です。この地上という世界は、霊界とは違って様々な制約困難が伴う世界です。地上人は、様々な制約があり困難な状況を過ごす中で、魂が鍛えられ、霊的成長の基礎ができていきます。そうした意味でこの地上世界は霊的成長のための訓練場といえます。つまり、この地上人生は、地上ならではの体験を通して、基本的な霊的成長を達成し、霊界での永遠の生活に備えることのためにあるということです。

地上人生の間に、こうした基本的な霊的成長をすること、それが、霊界へ行くための準備になっています。しかし大半の人は、真理を知らないため、正しい準備をしないまま一生を終えてしまいます。そして、死後、後悔し、もう一度人生をやり直さなければならなくなってしまうのです。地上人生でやるべきことは、霊的成長です。霊的成長することが地上人生の目的なのです。お金儲けや地位や名声といった、地上かぎりのどちらでもいいようなことのために、人生をムダに過ごしてはならないのです。

自分の子供や身近な人の幸せを考えた時も同じことが言えます。たとえ今は霊的真理を受け入れられなくても、「なんとしても、霊的成長の道を歩んでほしい」「お金や名声には恵まれなくても、人々の幸せのために人生を捧げるような生き方をしてほしい」ということを伝えていかなくてはなりません。人生についての正しい考え方、人生の価値とは何かを伝えてあげられるのは、真理を知っている私たちスピリチュアリストしかいないのです。

参考:
『シルバーバーチの霊訓』とは> 『シルバーバーチの霊訓』の画期的な通信内容> 7.『シルバーバーチの霊訓』の画期的な「人生観」と「価値観」 ⇒

YouTube スピリチュアリズム普及会公式チャンネル「人生観」 ⇒



参加者の感想

今日はシルバーバーチの人生観について学びました。シルバーバーチは霊的観点からこの地上人生について説いてくれました。これほど分かりやすく、人間の生き方の軸をしっかりとしたものにしてくれる人生観はありません。地上人はこうした霊的人生観を知らないため、地上的な出来事で悩み、苦しみ、時には大事な地上人生を自ら捨て去ってしまうことがあります。真理に出会ってからも、様々な人生の困難が訪れました。真理に対する理解が十分ではないために、霊的視点に立てず困難を自らの霊的成長にまで持っていけず、ただ苦しみに振り回されるということを何度も繰り返してしまいました。しかし、それでも真理にしがみついていられたのは、このシルバーバーチの人生観があったからです。この人生観に目をつぶってしまうことはできませんでした。シルバーバーチをはじめとする高級霊、そしてイエスは、全ての地上人が霊的人生観をもって、力強く地上の困難を乗り越えて、地上人生を価値あるものにしてほしいと願っています。この苦しみの多い地上人生を生き抜くには、ぜひともこの霊的人生観が必要です。私もこの霊的人生観をしっかり土台にして人生を歩めるようにならなければなりません。一人でも多くの人がこの霊的人生観をもっていただきたいと強く思いました。(40代女性)

今日は思想体系[Ⅰ]の人生観の2回目でした。私たちは肉体をまとった霊界人であるということを、本の中では理解しても実際はピンときていなかったとあらためて実感しました。心のどこかで区別があったと思います。今日からは区別しないことを意識していきます。地上的なものにどうしてもとらわれてしまっている自分がいます。地上を去って霊界に行った時、みすぼらしいと思わなくてもいいように、霊的成長をしていきたいと切に思いました。地上限りのことに心をとらわれないで、心を霊界に置く努力が大切だと実感しました。(50代女性)

今日はビデオを交えた人生観についての学習でした。地上の人から見た人生観、スピリチュアリズムの初期の人生観、シルバーバーチから見た人生観を学びました。初期のスピリチュアリズムの見解では、地上がメインで霊界での人生が地上の人生の延長と思っていました。シルバーバーチの人生観では、霊界がメインの人生だということに驚き、画期的な教えだと思いました。私なんかは、せいぜいあと50年くらいの人生なのだから、大きく霊的成長、魂の成長を成し遂げていきたいと思いました。(40代女性)

DVDを一度見て、その後講義を通してポイントを再度確認していくという学習の進め方は、よく整理できるので、より理解も増していくように思えます。今回のシルバーバーチの人生観こそが、人々に希望と喜びと光を与えてくれるものであることの認識を新たにし、まず自身が何より霊的成長をなし得る歩みをすること、そしてまた、そのことを伝えていくことができるよう(霊界の道具として)勤しみたいと思います。(60代女性)

人生で価値のあることは、霊的成長である、これをいち早く知ることができた者として、そのために実践が大事であることを知ることができました。しかし、その重要なことを知っているのに、将来のことなど不安に思ってしまうことがありました。ですが、普及会さんのイエスの話やシルバーバーチの霊訓を読んでいくうちに、ふっと思い浮かんだことがありました。イエスは人間の無知のせいで殺され、死後も正しい教えがまた人間の無知によって歪められ、とても辛い思いをしているんだろうなと思いました。それと同時に、シルバーバーチの霊訓を読んでいると、シルバーバーチも第2次世界大戦の大変な時期にも、常に明るく前向きで希望に溢れており、ユーモアなどもあり、とても人間的にも魅力がある人だと思った時、そのリーダーであるイエスはそれ以上だと思ったのです。イエスはどんな困難にあっても常に前向きで、明るい人だと思えるようになり、こんなにも困難があるのにすごい人だと思いました。そう思うと自分の不安など、何てバカバカしいんだろうと思えるようになり、お金なんて必要最低限あればいい、一番大事なものは霊的成長であると思えるようになってきました。これから自分も明るく前を向いて霊的成長できるように頑張りたいと思います。(40代男性)

今日はシルバーバーチが地上に降ろしてくれた人生観、霊的価値観に基づく人生観について学びました。スピリチュアリズム初期の人生観では、霊界での人生は地上人生の延長であると考えられていましたが、そうではなく、人間のこの地上人生はほんの短い仮の人生であり、霊界こそが本来の人生を永遠に送る場であることを学ばせていただきました。この永遠の霊界人生に比べると、この地上人生は短い期間にすぎません。その短い期間にどのように生きるかが、長い霊的成長の道の土台となる重要な期間でもあることを改めて身にしみて感じることができました。また守護霊や霊界が私たちを常に導いてくれている以上、自分だけの幸せの中に留まることなく他の人の霊的成長のために、自分の人生を捧げていきたいと思いました。(50代女性)

今月は,シルバーバーチの人生観-霊的価値観に基づく人生観(霊的人生観)について学習を深めました。人生の目的は「霊的成長をするためにある」。人生は何のためにあるのか、どう生きたらいいのか、という問いに、もっともシンプルで、わかりやすく、それでいて深く、力強い解答です。しかし、実践していくとなると、これほど難しく、困難を伴うものもありません。自分自身の日々を振り返ってみると、霊的成長につながらないことに、まだどれだけの時間と労力を費やしていることか。そのギャップに気づかされることは、ちょっとつらいものがありますが、それは同時に、日頃の自分の考え方や行動を少しずつ修正して、より正しくより望ましい考え方や行動でこの地上人生の大切な一日一日を過ごしていく、そういう喜び・幸福にかえることができる、よい気づきの機会でもあると思いました。霊的真理は、ほんとうにこの地上人生を間違いのないように生きてゆけるための大切なものだと、あらためて気づきました。ありがたいものだと思いました。これからも、悩みながら、迷いながら、時には道を外れてしまいそうになりながらも、霊的真理に向きあって、日々の自分の姿をうつしながら、少しずつでも霊的成長ができるように、残りの地上人生を過ごしていきたいと思います。(60代男性)

本日も学び多き時間でした。霊界が永遠メインの人生。地上人生は準備と霊的成長の為にある訓練の場であること。素晴らしい真理に導いて頂いた守護霊様に、感謝です。私の今ある困難苦しみは、喜びへと変わりつつあります。もっと学び実践し、泰然自若の人となれるよう頑張っていきます。また悩み苦しんでいる人に伝えてあげたいと思います。(50代女性)

「人生」という言葉は、地上人にとっては当然生まれてから死ぬまでを指していますが、今日の学習では、人生とは「霊界人生プラスほんの一瞬の地上人生」という観念の大逆転を学びました。そして、この地上は準備期間であり、今、すべきことは、霊的に成長するためのことであって、人のための奉仕にさらに大きく意識を向けていこうと思いました。そう思うと、目の前の小さな悩みはどうでもよくなりました。(40代女性)

今日の講義は「シルバーバーチの人生観」についてでした。シルバーバーチの霊訓により明らかにされた「地上人生は一時的な仮の人生である」という言葉は、人間が霊的存在であることを強く、またリアルに感じました。こうした内容は、今まで何度も耳にしたはずにもかかわらずです。頭の中でパラダイムシフトが起きた感じです。現在の生活こそが霊的成長をする実践の場であり、本来の場である霊界への準備の場であることを確認することができました。3つの課題、霊主肉従の努力、利他愛の実践、苦しみの甘受を深く受け止め、生活していきたいと思いました。また、霊的成長をすることが人間の宿命――創られている――であり、霊的成長をすることによって幸福だと感ずるように創られている・・・・・・という言葉によって、とても勇気を与えられました。(60代女性)

本日は人生観について学びました。シルバーバーチの人生観を学びました。地上人生は霊界人生のための準備期間として、霊的成長の重要性が本当に大切だと思いました。また霊的成長至上主義の大切さもよく分かりました。自分が本当に幸せと感じました。真理をさらに理解したいと思いました。また、本当に価値がある人生を送りたいと思いました。(40代男性)

シルバーバーチの人生観を学びました。スピリチュアリズムの初期の見解では、地上人生がメインで霊界人生は地上人生の延長という見解だったが、シルバーバーチの人生観では、地上人生を霊界人生から見たということがよく分かりました。シルバーバーチの霊訓に出会ったことの大きさとすごさをとても感じます。守護霊に思いを馳せること、地上に必死に働きかけてくださっている霊界の人々にいつも感謝していけるようにしていきたいと思いました。霊的成長について、努力していきたいという思いはあるのですが、実践していくことは難しく、またもう一度生活を見直していきたいと思います。また、日々の生活の中でも気をつけて意識していきたいと思います。(50代女性)

地上の人生は霊的成長至上主義が大切と知り、直前の障害や問題に振り回されず、霊的成長を目指す自覚が重要と知りました。日常の努力・協力は霊的成長にも直結すると知りました。苦しみや苦難は地上世界の一時的なもの、命を絶つことはしない、等、今日は大変良い学習ができました。感謝です。(80代男性)

本日は、シルバーバーチの人生観の内、地上人生は一時的、準備期間、霊的成長のためにあるという大切な真理を教えていただきました。なかでも、私が一番印象に残っていることは次の通りです。①我々は肉体をまとった霊界人であり、一時的に地上人生をおくっている ②すべての人間は、霊的成長のために生まれてきた ③皆さんは霊的真理という最高の宝を持っている。これを教えてあげられるのは皆さんしかいない これからもこのような宝を一人でも伝道できるように努力したいと思います。(70代男性)

霊的人生観を学びました。地上人生は一時的な仮の人生で、霊界に帰ってからの人生は永遠に続き、地上人生でどれだけ霊的成長が出来たかでその人の価値が決まる。お金で徳や、霊的成長は買う事は出来ない。地上人として1番素晴らしい霊的宝を手に入れた私達はできる限り実践を心掛け、1人でも多くの人々に広げて行かなければいけないと思います。日々の生活の中で苦しみや困難にぶち当たった時には、こんな事はちっぽけな事でほんの一瞬の出来事だと大らかに受け止め、常に守護霊が応援してくれていると自分自身に語りかけ、悩みを抱えている人にも教えてあげたいと思います。(40代女性)

今回は人生観について学びました。スピリチュアリズム初期の人生観から始まり、シルバーバーチの登場により、地上人生は一時的なもので霊界での死後の人生に備えるものであることを知りました。シルバーバーチのように、全てのことを霊的視点で見ることだと感じました。霊的成長には利他の愛実践・苦しみの甘受・霊主肉従が大切だと言われていましたが、原点に返る気持ちでした。私としてはこの3つの実践項目で霊主肉従の努力が非常に困難だといつも思わされますし、日々、苦しい思い葛藤が避けられません。しかし、こうしたことも一時的な地上人生だけであること、地上人生は霊界での人生に備える場であること、地上世界で最も価値のあることは霊的成長なのだということ、守護霊により守られ導かれているのだという事実に思いを馳せ、霊的真理が存在するのだということを思い起こして日々を歩んでいこうと思います。(40代男性)


TOP↑