学習のポイントと感想

名古屋シルバーバーチ読書会

学習のポイントと感想学習内容

スピリチュアリズムの思想体系2「摂理観」(2)

今月から名古屋の読書会は土曜日と日曜日の2日にわたっての開催になりました。参加者が増えてきたためです。多くの方が参加してくださるようになり、活気が出てきて本当に嬉しく思います。
今月は、「摂理観」の2回目です。摂理についてこれほど深く学ぶのは、皆さん初めてのようで、大きな刺激を受けられたと思います。摂理について深く学ぶことで、神の存在が身近になった、神の愛を感じて感動したという人が多く、シルバーバーチがなぜ摂理摂理と繰り返すのか、その理由が分かったのではないでしょうか。これから一人でシルバーバーチを読んでいくときにも、これまでとは違った読み方・感じ方ができるのではないかと思います。

2018.10.20/21

●神が造られたさまざまな摂理(法則) ↗

●「摂理の神」の信仰的意味とは――
   神に対する正しい認識と、神との正しい関係・信仰

①神の摂理と人間の幸福の関係
 ・神の摂理――神が人間を幸せにするために設けた仕組み
 ・人間の幸・不幸は摂理への一致によって決定
   摂理に一致した生き方 → 調和状態 → 幸福
   摂理に一致しない生き方・摂理に反した生き方 → 不幸
 ・摂理とは何かを知らずに、摂理に一致した生き方はできない
  幸福を手に入れることもできない

       

②正しい信仰の在り方
 ・これまでの地上の宗教や信仰者
神に必死になって祈り訴えれば、神が同情して特別な配慮や奇跡を起こしてくれる、救ってくれる → 根本的に間違っていた
   (「摂理の神」によって明らかにされた)
 ・“正しい信仰”とは、神が定めた規則(摂理)にそうための忠実な努力
 ・“正しい信仰”とは、自分の方が神の摂理に合わせ一致していくこと → 霊的成長

        

③摂理と祈りの関係
 ・“祈り”とは、神に語りかけるという、人間にとって重要な信仰的行為・霊的実践内容
 ・“正しい祈り”とは、大霊の摂理の支配を踏まえた上での神への語りかけ
  自分中心の願いごとを訴えることは、どれほど真剣で純粋であっても間違った祈り
 ・神の摂理にそっていない祈りは、意味のない行為・勝手な信仰
  これまで地上の宗教――願いごと信仰(ご利益信仰)
  原因は霊的無知(すべての宗教が、「摂理の神」という真理を知らなかった
  → 地上人類は、意味のない祈りを延々と現在まで続けてきた

参加者の感想

神が造られた様々な摂理(法則)をより詳しく教えていただき、大変うれしく思いました。人間を存在させてくださるにも、様々な法則があることを改めて知り、ただただ神の深い愛を思い知らされます。「神の摂理」は、人間を幸せにするために設けられた仕組みであることに深い感動、感謝を受けるとともに、それ以上に正しき「摂理」を理解することも、きわめて重要であることを感じました。本日も本当にありがとうございました。(60代女性)

摂理」について学べたこと、とてもありがたいです。以前の宗教でも摂理という語は身近に聞き、使ってはおりましたが、それは組織に都合のよい解釈でした。神と人間とが直接の関係ではなく、摂理を介しての関係ということの真実、このことを証してくださったシルバーバーチに心から感謝する次第です。私は介護の仕事をしておりますが、高齢の方々のお世話をさせていただくことでたくさんの元気をいただいています。「死」に近い方々は真理を知らずに日々を送っています。今回正しい祈りについても学ばせていただきました。身近にいる方々のためにも、祈りと日常生活でお役に立てる働きかけをしたいと強く思いました。(60代女性)

神によって生かされ生きていくのであれば、神を知らずして納得のいく人生は得られません。本日学んだ摂理観には、今まで知りたいと祈ってきた内容が明瞭に示されていて驚きました。何度か読んできた霊訓にいつよりも増して深く抱かれる感動を受けました。次回、霊的成長の法則を学ぶということですが、今からとても楽しみです。(50代男性)

「神の摂理」と口にはしていましたが、かなり曖昧な理解であったと思いました。「人間を存在させる」法則だけでも、これほど多くの摂理が働いていることに驚きました。そうした無数の摂理がいくつも重なり合い、しかも調和して働いているということにとても感動しました。今日初めてずっとあいまいで抽象的にしか思い描くことができずにいた神の姿を少しだけ感じられたような気がしました。シルバーバーチが何故「摂理の神」をそこまで強調するのかが不思議だったのですが、既成宗教の間違った神観を知り、また、正しい実践が霊的成長につながることを学ぶうちに、摂理の神の概念と正しい摂理の理解がとても大切なものだと分かるようになりました。(40代女性)

今日は、神が「摂理の神」という仕組みを通して、私たち人間を幸せにする働きかけをしているという真理を学びました。摂理に一致するかどうかで人間の幸・不幸が決まるという真理は身震いするほどに驚きを感じます。この真理を日常生活で正しく実践できるよう自力信仰し、利他愛・霊主肉従の信念を強固にしていく努力をしていきたいと思います。(50代男性)

今日は人間を存在させる法則(摂理)について学びました。摂理ということがこんなに幅広く、奥深いものだとは思わなかったので驚きでした。そして摂理に忠実に一致した生き方をしていれば幸福になり、霊的成長していくというシンプルな思想にも驚きました。摂理に従った日常生活を送っていこうと思います。(40代女性)

今日は神が造られたさまざまな摂理「摂理の神」の信仰的意味を学びました。まだまだ摂理については勉強不足で、摂理に沿った生き方ができません。そのためいろいろな問題や困難が多発中です。ですが、その中にあって、少しでも幸福な時間を見つけて少しでも霊的成長を実感したいと思っています。祈りについても昔は願望というか、困難から逃げたいということばかり言っていました。今は少しずつ困難が受け入れられ、霊的成長に必要のため、乗り越えられるように……と祈れるようになりました。この会に導かれたことに、今は感謝しかないです。(50代女性)

生命科学(ライフサイエンス)は、日本では東大で広められてきました。決して東大医学部ではありません。しかし、DNAや細胞膜の核膜における情報伝達等の物質レベルにとどまっております。また、iPS細胞においても、4つの遺伝子を使ったものに過ぎず、生化学という“生”はついているものの、あくまで物質的なレベルにすぎません。ひるがえって現在の精神医学も単なる薬剤という物質を使って治療を行っているにすぎず、物質レベルにすぎません。また、心理学においても人間行動原理を人間を対象として、現象として結果を分析したものにすぎず、あくまで物質レベルにすぎません。認知行動療法は単なる物質的なもので、自律訓練法のようなヨガを利用したものではありません。霊や霊の心を扱う医学が本物の精神医学であり、現在の精神医学はてんかん以外全く必要のないものであり、カール・ウィックランドのような心霊治療が本来必要であると考えております。さらには、スピリット・ヒーリング(ヒーラーグループ)は最も適したものであると期待しております。(60代男性)

肉体・精神・霊という次元への摂理の働きを学んで、摂理の無限性と人間の肉体の神秘性に、神の法則を少しでも知ってゆきたいと思いました。また、摂理の裏側にある神の完全なる愛を甘受して行きたいという私たちの本性をより一層深く知ることができました。人間として、地上で人間間の摂理を学んでいくことの大切さを再認識させていただきました。来月の永遠の霊的成長の摂理は、神の摂理の裏側にある完全なる慈愛を、私たちの中で感得していける学びであり、とても楽しみにしております。霊的真理及び摂理(法則)を人に正しく伝えていけるようこれからも読書会や勉強会での歩みを続けていきたいと思いました。皆さまと学びをともにしていけることを励みに、地上生活を頑張っていこうと決意を新たにさせられました。(40代女性)

本日は神が造られた摂理(法則)について学ばせていただきました。さまざまな次元で摂理が重層構造をなして人間を支配していることを教えていただきました。このような摂理は、神が人間の幸福のために用意してくださったものであり、その神の摂理に合わせていくことで、どのような人にも公平に幸せになる道が開かれている。何と温かい神の愛が存在しているのだということが分かり、大変うれしい気持ちでいっぱいです。このような大霊に近づこうとする努力、それが霊界での信仰であり、地上でも一部の人が努力を始めていますが、いつかすべての地上人が正しい信仰ができるようになると嬉しいですね。完璧な摂理をお造りいただいた神に感謝したいと思います。(50代女性)

今日は、神の摂理について学びました。先週に引き続き、非常に印象深かったことは、神と人間の関係は(神の知ともいうべき)「摂理」と通した間接的な関係であるということでした。それは神が、人間自らが人間存在の真実を思い出す機会を与えているということ、与えてくださった厳しくも深い神の愛の表れだと感じたからです。一人一人の人間に5つの次元の法則(物質次元~霊の次元の法則)が働いているということを学び、改めて私自身、自分自身を静かに考えてみたいと思いました。摂理についても知りたいと思いました。(60代女性)

「摂理の神」ということを学びました。シルバーバーチの霊訓を読むと、摂理という言葉がたくさん出てきます。これを自然の法則という解釈で読み進めていましたが、今回の学習で、「神の摂理」というものを詳しく教えていただき、その複雑な仕組みをおぼろげながら感じることができました。これから霊訓を読んだときは、そのことを意識しながら読めると思います。また、祈りについても、摂理を理解し、摂理に則った正しい祈りということを理解しました。(60代男性)


TOP↑