学習のポイントと感想

名古屋シルバーバーチ読書会

学習のポイントと感想

「シルバーバーチの霊訓」は、これまで地上に伝えられた霊界通信の中で、最も優れたものです。「シルバーバーチの霊訓」によってもたらされた霊的真理は、質・量ともに他の霊界通信を圧倒しています。私たちの読書会では、「シルバーバーチの霊訓」をただ読むだけでなく、ポイントを絞ってシルバーバーチの示してくれた霊的真理の理解を深めていきたいと思っています。私たちが日常生活の中で、特に意識し努力しなければならないことを中心に、大霊や高級霊の思い、スピリチュアリズムの大原則などを、毎回何ヶ所か取り上げています。ここではその内容を簡単に紹介します。

2017.2.19

スピリチュアリズムの思想体系1「人生観」

今回はスピリチュアリズムの「人生観」について学びました。

現在地球上には、約72億の人々が生活しています。年齢も職業も生活習慣も違う人々が、それぞれの人生を送っています。そして誰もが、この地上人生をできるだけ幸福に過ごしたいと願っています。
多くの人々の考える、幸福な人生とはどんなものでしょうか。また、霊界の人たちから見た時、正しい人生とはどんなものでしょうか。

周りの人たちを見てください。日本人の多くは「ささやかながらマイホームが持てて、家族が皆健康で仲良く生活できれば、それが一番幸せ」と考えています。それ以上の人生の意味や目的など考えたこともないかもしれません。中には好きでこんな人生を選んできたわけではないという人もいます。
こうした一般的な人々にとっては、人生とは地上限りのものです。地上人生以外に人生があるなどと考えたこともありません。

ところが19世紀半ば、一流の科学者を巻き込んだ心霊研究によって、「霊魂説」と呼ばれる"死後の世界"があること、"霊魂"が存在することなどが明らかにされました。スピリチュアリズムの地上展開が始まったのです。
地上にスピリチュアリズムがもたらされたことで、これまでの唯物的な世界観・人生観が否定され、霊的事実に基づく「霊的人生観」が提示されることになりました。それによって、「地上人生の後にも霊界での人生がある」「物質的なものは地上限りのもので価値がない」といったことが明確になりました。

さらに20世紀に入って登場した『シルバーバーチの霊訓』によって、スピリチュアリズムの霊的人生観はさらにレベルアップしました。シルバーバーチは徹底した「霊的成長至上主義」によって、これまで地上には存在しなかった霊的事実の上に霊的真理を積み上げた画期的な人生観を説きました。

シルバーバーチの人生観のポイントを簡単にまとめておきましょう。

①地上人生の正しい位置づけ  霊界人生>地上人生 (霊界がメイン) 

②地上人生の目的――霊界での生活のための準備をする(基本的な霊的成長)

③霊界に持っていけるのは霊的・精神的なものだけ(魂の成長が最も重要)

④地上人生における最も価値あるもの=霊的成長(霊的価値観の確立)
    霊的成長できた人生=人間としての最高の地上人生        

⑤霊的成長は"霊主肉従""利他愛の実践""苦しみの体験"を通してなされる

⑥地上人生には必ず苦しみや困難の体験が発生、"苦しみの体験"を通して霊的成 長が促される
苦しみや困難のない地上人生を歩む人はいない(苦難の摂理・苦難の人生観)

⑦生まれる前から、自分の人生を自分自身で選んでいる  

⑧すべての人間に一人の守護霊がいて、守護霊の指導のもとで霊的成長の道を歩む

⑨死後自分自身の人生を振り返り、地上人生を自分で評価する  

 

今、私たちは『シルバーバーチの霊訓』を手にして、この画期的な人生観を知ることができました。しかし多くの人々はまだ地上人生限りの「唯物的な人生観」しか持っていません。霊的真理が広まることによって、一人でも多くの方がシルバーバーチの説く「霊的人生観」のもとで地上人生を送ることができるようになってほしいと思います。

最後に大半の地上人の人生観(唯物的人生観)と、初期のスピリチュアリズムの人生観、シルバーバーチの人生観の比較を図示しておきます。

シルバーバーチの人生観とこれまでの大半の人々の人生観では、地上人生と霊界人生の位置づけが全く異なっています。シルバーバーチたち高級霊は、いつもこうした視点から地上を見ているのです。徹底した霊的観点です。

〈参考〉『シルバーバーチの霊訓』とは  『シルバーバーチの霊訓』の画期的な通信内容
7.『シルバーバーチの霊訓』の画期的な「人生観」と「価値観」 ↗

参加者の感想

今日は人生観について学びました。『シルバーバーチの霊訓』に出会うまでに、自分なりのさまざまな困難があり、そのたびになぜ生まれてきたのかを思い、悩み、何度も自殺を考え、そのたびに助けてくれる人に出会い、霊訓にたどり着いたことを思い返すことができました。また、唯物主義に走ると必ず苦しみや困難が降りかかり、同じことを繰り返していた人生だったことも思い出されます。せっかく守護霊によって導きを得て、霊的真理に出会い、霊的成長していくことに取り組めていると思うので、これからも頑張っていこうと思います。一般の人々にも、少しでも早くこの教えが理解できるように、シルバーバーチにならって、自らが知識や体験を増やし地上での霊的真理に基づいた実践をしていこうと思います。(30代女性)

今日の読書会を通して、自分はまだまだシルバーバーチのいう霊的成長至上主義に観点を置いて、自分の今までの人生を歩み、考えてきていないことを思い知りました。少しでもそれに近づけるように、霊訓を読み、実践をしていきたいと考えております。(60代男性)

学生の頃に、人生観についてさまざまな本を探し、読んだことを思いだしました。(亀井勝一郎、人生論文集など)今こうしてこの年になり、シルバーバーチの人生観に出会い、学ぶことができ、感謝でいっぱいです。「一人でも多くの人に実践してほしい」霊界からの叫びが思われます。真理を求めつつも迷える人々に一刻も早く伝えたい、そして喜びの中で、(苦しみながらも)人生を送ってほしいと思います。(60代女性)

今日は人生観について学びましたが、シルバーバーチが登場するまでのスピリチュアリズムの人生観とシルバーバーチ以降の人生観では大きな差があったことに、自分では十分理解できていなかったと、改めて思いました。巷ではやっているスピリチュアリズム(擬き)は、シルバーバーチ以前の人生観を持っているとのことで、なるほど!と納得でした。シルバーバーチが明かした「地上は霊的成長をするところ」「霊界人生がメイン」「地上では必ず困難や苦しみの体験をする」等、地上人生の明らかな指針を示してもらったことで、私たちの地上人生の意味を正確に捉えられました。それに沿って努力できる毎日は、本当に幸せだと思います。(40代女性)

今日はシルバーバーチの人生観を整理することができて、とてもすっきりしています。これまで多くの苦しみを味わってきておりますが、苦しみは霊的成長のプロセスにとって、とてもありがたい体験であると受け止めることで、救われた思いになります。「苦しみ」はありがたいもの、生きていく意味・目的を実感させてくれる貴重な体験であることを改めて思い出させてくれました。いつかは苦しみの体験を乗り越えて、利他愛の実践に移っていければと思っています。(50代男性)

何度も学んできても、また気づかされてしまいます。霊的成長を人生の目的として生きていくことが一番なのですが、自分では成長できているのか、ほんの少しでも前へ進んでいるのか、わからなくなる時があります。そのような時は、自分はいつも側にいてくれる守護霊が導いてくれていると思い、元気を出しています。利他愛の実践も少しでも自分でできることからやっていきたいと思います。(50代男性)

本日、読書会に参加させていただき、従来のスピリチュアリズムとシルバーバーチの教えの違いがよく分かりました。私はシルバーバーチに出会う前、仏教系の宗教(先祖崇拝)を信仰していました。その宗教に死後のよりどころを求めていても見つからず、シルバーバーチにたどり着きました。その宗教にも死後の世界がメインとの教えはありました。今思えば、上の方はシルバーバーチの教えを引用していると思えます。出所、根拠がはっきりしていなく、都合のいい勝手な解釈で伝えていると思います。どこの宗教に先祖崇拝、教祖、お布施の必要性を納得いくような説得力のある説明をしているところがあるのでしょう、と改めて思いました。(50代女性)

シルバーバーチの人生観は、霊的成長至上主義なのだということを教えていただきました。私たちが肉体を持ってこの世の人生を送る目的が霊的成長をなすことだということが分かり、それでいいんだとすっきりした気持ちになり、生きる勇気が湧いてくる思いです。もっとたくさん勉強して、具体的に何をすればよいかが勉強できると嬉しいと思います。(50代女性)

地上人の人生観、従来のスピリチュアリズムの人生観、そしてシルバーバーチの人生観について、とてもよく理解することができました。『シルバーバーチの霊訓』に出会え、霊的真理を学ぶことができてとても幸せです。地上人生は、霊的成長のための学校であることを再認識し、少しでも霊的成長できるよう努力したいと思います。(50代男性)

あるドキュメンタリー番組の話です。アメリカ人の男性が若くしてIT関係で成功し、多くの富を得ました。さぞかし幸せな気分だろうと思っていたら、彼は自分の生命があと35年で終わってしまうことに恐怖を抱き、不老の道を必死に探し求めていました。物的視野しかなかった頃は、私の幸せはモノ・カネ、この世的なもの次第でした。いつもぶんぶん振り回されていました。本当につい最近ですが、ほんの少し霊的視野が身につき始めました。霊的視野があると、地上人生を自分の手でかじ取りをして自己管理しながら能動的に生きていけるのだな……と自分に対する誇りのようなものを感じています。(40代女性)

シルバーバーチの人生観について霊的成長の学びをさせていただきました。「シルバーバーチの人生観」の①~⑨で、特に④の魂の成長が最も重要で、それが霊的価値観の確立であり、霊界へ戻ってからの霊的人生観の確立の基礎的なものになることを今回の学びを通して知ることができました。また霊界に帰った後に自分の人生を振り返って「あの時成長する機会を逃していた」と気づき後悔するなどのお話しより、今回の自分の人生(つい最近)であった職場の人との関係において、自分が摂理(カルマ)を誤って覚えていたことに気づかされました。心の中に刷り込まれてしまった知識を一つずつ自分の守護霊とともに修正していく目標を持つことができました。霊的真理は分かっているつもりでも、心での理解に至る道はこれからなのだと新たな学びを得ました。(40代女性)

シルバーバーチはスピリチュアリズムの人生観をさらに極めたものであることが、視覚的によく理解できました。言葉では理解している気がしても、あいまいだったようです。最近、自分の人生の総決算は、自分で評価することを意識しています。来月、シルバーバーチの言葉を実際に探し、確認したいと思います。(50代女性)

霊的成長の大切さがわかりました。わかりやすい内容でありがとうございました。シルバーバーチの教えに出会えたことは幸せだということが、今後もっと実感できたらいいなと思っています。自分のことばかり考えている自分が恥ずかしいです。(50代男性)

自分の魂が自分の人生を選んできたとは面白く不思議に思いました。自分を客観的に見ると、短所・欠点だらけの人間であり、これを改めるための人生は困難の連続で、時には逃げ出したい時もあります。その時は、霊的視点に戻って見つめなおすことが大切だと思いました。困難を受け入れることは霊的成長のためですね。(50代男性)

生まれる前から自分の人生を自分自身で選んでくるという事実を知って、今度の人生プランを地上人生の間にできないかなあと思って聞いていました。苦しみや困難に立ち向かう勇気をいつも「シルバーバーチの会」でいただいている気がします。(40代男性)

初めて参加しました。本を読んだだけでは実感としてつかめなかったことも、話を聞くことによって理解しやすいことがあることが分かりました。また、もう少し本を読もうと思うことができました。霊的成長ができるよう、いろいろなことが起きても乗り越えられるよう努力したいです。(50代女性)


TOP↑