学習のポイント

名古屋シルバーバーチ読書会

学習のポイント

「シルバーバーチの霊訓」は、これまで地上に伝えられた霊界通信の中で、最も優れたものです。「シルバーバーチの霊訓」によってもたらされた霊的真理は、質・量ともに他の霊界通信を圧倒しています。私たちの読書会では、「シルバーバーチの霊訓」をただ読むだけでなく、ポイントを絞ってシルバーバーチの示してくれた霊的真理の理解を深めていきたいと思っています。私たちが日常生活の中で、特に意識し努力しなければならないことを中心に、大霊や高級霊の重い、スピリチュアリズムの大原則 などを、毎回何ヶ所か取り上げています。ここではその内容を簡単に紹介します。

2013.11.17

2章交霊会の目的なぜ指導霊たちは帰ってくるのか

●なぜ地上へ戻ってきたのか(P30/6~後ろから3)
  • 地球人類の救済のため
  • 地上に霊的真理をもたらすため
●地上の悲劇・不幸の原因
(P31/後ろから3~P34/1)
  • 物質によって霊眼が曇らされた
  • 五感という限られた感覚でしか物事を見ることができない
  • 万物の背後に絶対的統一原理である大霊が宿っていることが理解できない
  • 霊的視野が持てない、肉主霊従、物質至上主義、霊的同胞意識が持てない
  • 差別、混乱、不幸、破壊(人類共通の悲劇)

1

*霊界の高級霊から見ると、この地上はまるで地獄のようだといいます。同じ人間同士が肌の色が違う、宗教が違う、言葉が違うというだけで傷つけあい、奪い合い、殺し合う……。本来なら同じ神を親とする霊的兄弟姉妹であり、互いに支え合い、愛し合い、慈しみ合うべきなのに。億万の富を築き、贅沢三昧の生活をしている人がいる、同じときに地球の裏側では、何日も食べるものもなく、着るものもなく飢えと寒さに震え命を落としていっている人が大勢います。アフリカでは4人に1人が飢えに苦しんでいます。世界全体で見た時に、死亡原因の1位が 「ガン」 でも 「心臓病」 でもなく、「飢え」 というのがこの地球の現状です。まさに“地獄”“暗黒世界”です。今の時代に飢えで死ぬ人がいるということを聞いただけでもショックですが、こうしたことが長い間ずっと変わらず解決できていないということはさらに衝撃です。霊界人が総力を挙げて真理を普及し、地上人を救おうとする気持ちがよくわかります。だからこそ、真理を手にした者から、霊界人の思いをわがものとして、この地上世界を霊中心の本来あるべき姿へ変える「スピリチュアリズム」運動を推し進めていかなくてはならないのです。

●スピリチュアリズム普及によってもたらされるもの
(P35/4~8)
  • もっと高尚で気の利いた生き方(霊中心の生き方)
  • お互いがお互いのために生きる世界(利他愛支配の世界)
  • この世的な平和や幸福ではなく、霊的に高尚で価値あるもの(霊的な宝、霊的成長)
●霊的真理を伝える
(P35/後ろから4~P38・後ろから1)
  • 自分が手にした真理を次の人に伝えてあげる
    真理を知った者の義務(伝道は義務)
  • 居眠りをしている魂を目覚めさせる
  • 大霊の摂理、霊的真理を理解する
    大霊と一体となった生き方への唯一の道(人間本来の生き方)
  • 知識はすべて大切、知識にも段階があり、一つ一つ理解し吸収していく
    ここで良しという終わりはない(真理は無限)
  • 先に真理を知った者が真理に忠実な生活を送る(実践)霊界からの働きかけがしやすくなる
  • 真理を知った者は霊界からの霊力を届ける通路・良質な道具

TOP↑